スーパーソル通信
3年後のスーパーソル施工現場へ
みなさん、こんにちは
ガラス発泡資材事業協同組合・事務局です。

山形出張のついでに、3年前の施工現場を見てきました。
場所は山形~秋田を縦断する幹線道路13号線大野目交差点付近
です。
2013年渋滞緩和のため、交差点を立体交差にする工事で、
軟弱地盤上に構築するテールアルメの裏込め材として、スーパー
ソルを3工区にわたり、10,000m3程度使用しました。

大野目1211施工箇所
 2012年11月 施工箇所

大野目1312搬入
 2013年3月 搬入

大野目1609施工3年
 2016年9月 3年後

大野目1609車中より
 2016年9月 3年後 実際に走行し車中より
   この下にスーパーソルが荷重に耐えてがんばってます!



山形駅前からタクシーに乗り、現場まで。
スーパーソル施工部分は歩道がないので、近くのコンビニで一旦降りて、
雨の中、撮影しました。

途中運転手さんに、付近の道路状況について伺ったところ、
「立体交差になってから、渋滞はかなり緩和されて助かっている」
とのコメントをいただきました。

施工が無事完了すると、現地へ行くことはあまりありませんが、
今回は思い切っていってみてよかったです。。。














スポンサーサイト
「新宿ダッシュ」 人工軽石の正体は、スーパーソル!
みなさん、こんにちは
「スーパーソル普及協会」改め
「ガラス発泡資材事業協同組合」・事務局です。

9月11日(日)放映された日本テレビ「ザ!鉄腕!DASH!!」の新宿DASHでガラス発泡資材「スーパーソル」が紹介されました。
大都会新宿のビル屋上で、屋上緑化の障害になる土の荷重を軽減するために、人工軽石を使用するアイデアが出ました。

その中で番組が注目したのは、材料に天然資源を使わずに、ゴミとして廃棄されるワインびんなどのガラスびんをリサイクルして製造する人工軽石・スーパーソル。
スーパーソルはガラスびんの廃棄物のリサイクル資材で屋上緑化や地球温暖化へ貢献できる未来性資材です。

とてもわかりやすい番組で、新宿に新しい生態系を作るアイデアも素敵でした。

「正式名はパーライト」というコメントで始まるので、誤解される方もいらっしゃるかもしれませんが、正体はガラスのリサイクル材・スーパーソルです。

supersol01_convert_20160912102954.jpg


新宿のレストランで回収された空きびんを、
           茨城県笠間市のスーパーソル工場へ。
そこで、全く違う素材の「スーパーソル」に生まれ変わり、
           また新宿のビルの屋上へ。

ガラスびんは捨てられ場所で、また新たな役割を果たしていきます。

さあて、今後のスーパーソルの活躍にご期待ください。

番組内で紹介されたスーパーソルの施工事例
新宿西口広場にスーパーソル
イチゴのベンチ栽培にスーパーソル


番組に協力・登場したのは、茨城県笠間市の㈱ソルク
スーパーソルのお問い合わせは、 ガラス発泡資材事業協同組合 まで











ガラス発泡資材事業協同組合 ロゴ
みなさん、こんにちは
スーパーソル普及協会事務局です。

今年5月末に登記を済ませた「ガラス発泡資材事業協同組合」
ですが、7月15日に総会を経て、ようやく活動開始です。

当面営業ツールの作成など進めていきます。
随時ご紹介して参りますね。

とりあえず、協会ロゴ

組合ロゴ


わりと真面目で固い感じですが。。。

今後ともよろしくお願い致します。










ガラス発泡資材事業協同組合 臨時総会開催
みなさん、こんにちは
スーパーソル普及協会・事務局です。

7月15日都内の貸し会議室で、
「ガラス発泡資材事業協同組合」
総会が開催されました。
この度組合員として申し込みをされたスーパーソル製造工場
11社全ての方々にご出席いただきました。

共同受注、共同購入など、多くの組合員に等しくメリットが行き
渡るよう、様々な方法でスーパーソルの営業活動に繋げて参り
たいと存じます。

広告宣伝活動についても、1社では経費が掛り躊躇するような
ものについても、11社で経費を分担すれば、チャレンジできます。

そして「スーパーソル普及協会」の事務局も引き続き、
「ガラス発泡資材事業協同組合」の事務局として、運営に携わっ
て参りますので、よろしくお願い申し上げます。









外来魚回収ボックス
みなさん、こんにちは
スーパーソル普及協会・事務局です。

スーパーソルとは別の話題
一応環境に関連していますが。。。

出張中、琵琶湖なぎさ公園を散策中にこんなものを見つけました。

1607縺ウ繧乗ケ門、匁擂鬲壼屓蜿撮OX_convert_20160726164428
外来魚回収BOX

以前から琵琶湖は、外来魚のブラックバスやブルーギルが生態系
に悪影響を与えていると問題になっていました。
滋賀県が平成15年に滋賀県琵琶湖のレジャー利用の適正化に関
する条例に基づき、ブルーギル、ブラックバスのリリースが禁止しま
した。
そこで登場したのが、外来魚回収ボックスおよび回収いけすです。

釣り人に釣り上げた外来魚を入れるよう、設置されたものです。

勇気を出して覗いてみましたが、何も入っていませんでした。