FC2ブログ
スーパーソル通信
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーパーソルの納入はフレコンで
みなさん、こんにちは
スーパーソル普及協会・事務局です。

スーパーソルを納入する時は、フレコンバックに入れ
て運びます。
正式にはフレキシブルコンテナバックといい、粉末や
粒状物の輸送・保管に使用します。
1トン程度の重量物を充填できるので、トン袋とかトン
バックと呼ばれています。
材質は、ポリエチレン、ポリプロピレン。
充填量は、1000ℓ、1200ℓなどがあります。

1510北秋フレコン
 ワンウェイのフレコン

スーパーソルは、基本的に㎥単位での注文なので、
1㎥=1000ℓ入りのフレコンを使用する場合が
多いようですが、出荷元により異なる場合もあります。

軽量なスーパーソルは、フレコンに入れると、計算上
250kg程度です。これに割り増し分などが含まれる
ので、実際はもう少し重たくなります。


本州と沖縄県とでは、フレコン事情は異なります。

本州では、県を超えて長距離での納入が多くなります。
そのため回収が困難なため、ワンウェイのフレコンを
使用します。

一方、四方を海で囲まれた沖縄県は、県を超えて運ぶ
ことはありません。
面積もさほど広くないので、フレコンの回収が可能です。
そのため、2~3回使用できるタイプのフレコンを使って
います。

強度や耐久性に優れ、フレコンの底に排出口があるの
で、何度でも使えます。
また沖縄の強い日差しにも耐えられるよう、紫外線防止
タイプの黒いフレコンを使っています。

1502トリム工場フレコン
 紫外線防止のフレコン
 
座津武投入
 排出口から投入









スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。